性病に関するコラム

あそこが臭い女性は性病ってホント?臭いで性病を判断できる!?

よく女性の膣分泌液(愛液)の臭いで性病の判断ができるという噂がありますが、実際はどうだと思いますか?

今でもたまに雑誌など書かれていることがあるため、「真実」だと思う方もいるのですが、これは「嘘」です。

そもそも性病に臭いはありません。

もし性病に臭いがあればわかりやすくていいのですが、そんな簡単なものではないんですね。

ただし、女性の場合おりものの臭いが強くなったりすることが多く、色がいつもとは違ったりすることがあります。
男性の場合も、性器から膿などがでたりすることがあります。
この場合は性病の可能性がありますので、一度性病検査をすることをおすすめします。

ではなぜこのような噂があるのでしょうか。

女性は自分自身の臭いであるため、あまり気が付きにくいのですが、性行為で膣からでる膣分泌液(愛液)は通常「無臭」であると言われています。

もちろん、人によって多少の臭いはあるのでそれほど気にする必要はありません。

が、中には卵の腐ったような臭いやチーズのような臭いがする方がいます。

この臭いはよほどの臭いフェチではない限り、男性の気分は一気に冷めてしまいます。

それほどビックリするぐらい臭いで、私自身が風俗に行っていたころに何度か体験しました。

女性には失礼かもしれませんが、本気で鼻がもげるかと思うくらいの臭いであり、手は洗っても2~3日は臭いがとれません。

それほど強烈なんですね。

この臭いが「性病である!」というようなデマが広がり、現代に至っているのではないかと思います。

ですが、実はこのような臭いがしても「性病」であるとは言えません(もちろん「可能性」はありますが・・・)。
なぜなら、これにはカラクリがあるからです。

通常性器を洗うことは普通だと思うのですが、あまりにも膣内を洗いすぎてしまうと、膣の中にある善玉菌が石けんで洗い落とされてしまい、菌が繁殖しやすくなってしまうんですね。

これが「臭いの原因」なんです。

また、トイレで使われるビデも強く利用すると膣内を過剰に洗いすぎてしまうため、使われているのであれば弱めに利用しましょう。

他にも、性行為前にニンニクやお肉などを食べすぎると、次の日に臭いが出やすくなるとも言われています。

ですから、もし臭いが気になるようでしたら、今一度上記に当てはまっていないかを確認してみてください。

まとめますと、女性の膣分泌液の臭いでは性病は判断できませんし、多少の臭い程度は体調や個人差がありますので何の問題もありません。

臭いが全くない方でも性病に感染していることは普通にありますので、臭いがないからと言って「性病ではない!」ということはありえません。気をつけましょうね。

膣の臭いが気になる方は性病か洗いすぎが原因!?

女性の方の膣のニオイは、無臭の方もいますが、普通は多少の臭いはあります。
オリモノの変化やホルモンバランス・食事などでも変わりますし、個人差もありますので、あまり心配する必要がありません。

普段から生ごみの臭いとか、魚が腐った臭いなどがする場合、もしかすると性病の可能性があります。
クラミジアや淋病と言った性病に感染すると、おりものが増えたり臭いが強く出ることがよくあるからです。

ただし、性病に感染していなくても臭いが出ることもありますので、判断は難しいところです。
色々と対策してみて解決しない場合は、一度性病検査を受けることをオススメします。

次に、膣を洗いすぎて臭いが出ているパターン。

実は、女性の膣の中は、お腹に良いとされている善玉菌が住んでいます。
その善玉菌は酸性なのですが、石鹸(ボディーソープ)はアルカリ性です。

つまり、洗いすぎてしまうと、膣の中にいる善玉菌が減ってしまい、悪玉菌が増加して臭いが強くなってしまいます。
臭いがするからと、ついつい洗いすぎてしまうのですが、それが返って臭いの原因になっているんですね。

特に最近は固形石鹸よりもボディーソープが人気ですが、ボディーソープは非常に洗浄力が強いので、より善玉菌を殺菌してしまいます。
「ボディーソープから固形石鹸に変えるだけでも臭いが減った」という方もいらっしゃいます。

ですから、洗いすぎている方やボディーソープを使っている方は、一度見直してみてください。

膣の臭いを解決する方法

膣の中の善玉菌が減ったことで臭いが強くなっている場合、真っ先に思い浮かべるのが善玉菌を増やせるヨーグルトなどの乳酸菌だと思います。
善玉菌が増えればニオイを抑えてくれるので、この発想は正しいと思います。
※性病が原因の場合は、治療することで解決できます。

ですが、これは私個人の見解になりますが、ヨーグルトなどを食べても、膣内に善玉菌を作ることは難しいと思います。
なぜなら、通常ほとんどの乳酸菌は胃酸によって死滅してしまうため、残った善玉菌はあまり多くありません。

それが膣内に届くのかと言うと、正直かなり難しいと思います。

ただ、最近では膣内に直接乳酸(ジェル)を注入して善玉菌を増やし、気になる臭いや織物を抑えてくれるもの(膣内洗浄剤)があるので、膣内環境を改善したい方は試されてみてはいかがでしょうか。

オススメなのはインクリア(inclear)というデリケートゾーン対策ジェルです。

多くの雑誌に掲載され、半年間で220,000個も販売された実績があります。
産婦人科医と共同開発しただけあって、実に84%の方が効果を実感されています。

最後になりますが、膣のニオイには個人差があり、人とは比べられないため、本当はあまり心配しなくても良い方が多いです。
ですが、非常に繊細な場所なので、それが逆に不安になってしまうんですよね。

食べ物などでも一時的に臭いが強くなることもありますので、どうしても気になる方は、まずは性病検査やデリケートゾーン専用の石鹸やジェルなどを試されてみてはいかがでしょうか。

-性病に関するコラム

Copyright© 性病検査キットおすすめ比較ランキング【自宅で簡単!恥ずかしくない!】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.